多摩川 秋たけなわ 

10月も残り少なくなった日曜日、多摩川では好天の陽射しを満喫しようと蝶たちが活躍しています。 mats

気持ちよく晴れた10月の日曜日、相棒のHenk氏と裏の多摩川に行ってみました。好天の陽射しを満喫しようといろんな蝶たちが活躍しています。トップはセンダングサで吸蜜するウラナミシジミ(オス)。今年の世代交代もそろそろ最終段階に入っていますがこれくらい新鮮な個体は当地では11月に入ってもまだ見られます。

⇒ 参考 蝶百科図鑑 ウラナミシジミ キタテハ ウラギンシジミ モンキチョウ

↓ キタテハ セイタカアワダチソウで吸蜜

↓ ウラギンシジミ(オス) 名前の由来である裏面の銀白色は飛んだときにキラキラ輝いてよく目立つ

↓ モンキチョウ オスは黄色型のみだがメスは白色型と黄色型があるので黄色いだけではオスかメスか判別不明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)