親子で楽しめる「ぼくとわたしのちょうちょの絵本」
新着記事

シロチョウ科

探蝶漫遊記 ⑥ホントにクロテン? クロテンシロチョウ (石垣島遠征)

冬枯れの期間が長くなりどうしても蝶の姿が見たくなったので2月10日から13日という日程で初めて石垣島に行ってきました。台北から約270キロという石垣島では「越冬」の必要がないため蝶たちは1年中、ある意味だらだらと世代交代 …

多摩川のモンキチョウ

多摩川の河川敷に生えた菜の花で吸蜜中のモンキチョウ。 (Henk) 参考 蝶図鑑 モンキチョウ 3+

多摩川のモンシロチョウ

先日は砂地に止まっていたモンシロチョウ。やっと菜の花を見つけ蜜を吸っています。ちょっと角度が悪かった・・・。 後日、もう一枚。 (Henk) 参考 蝶図鑑 モンシロチョウ 3+

荒れ果てた多摩川の河川敷

再び多摩川の河川敷に降りてみましたが、この荒れようです。花は殆ど咲いておらず、これではチョウは困ると思います。随分歩き回って、やっとモンキチョウを2頭、モンシロチョウを1頭を撮ることができました。この1頭のモンキチョウは …

キタキチョウ

上の写真は多摩川の河川敷のキタキチョウのカップルです。 下の写真は、花嫁の羽化が待ちきれずに蛹に数頭のオスが群がって争奪戦を繰り広げています。 「ここは深大寺門前であるぞー!。」 (Henk) 参考 蝶図鑑 キタキチョウ …

モンシロチョウを見た

久しぶりに多摩川に出てみた。天気はいいが、川沿いは北風が冷たい。見渡しても昨年の濁流が舐めて行ったあとは所々に草むらがあるだけで殺風景な石ころだらけの河原だ。これでは、春になってもチョウはあまり期待できそうにない。そう思 …

キタキチョウの蛹

一口に蛹と言っても、蝶の種類によってそれぞれ独特の形があります。このキタキチョウの蛹は見るからに細身で華奢な感じがします。羽化直前には翅の表側の濃い黄色がもっとはっきり見えるようになります。下の写真は、キタキチョウの幼虫 …

蝶のディテール キタキチョウ

蝶の羽には全体としての美しさの他に、鱗粉の配列が織りなす模様と色彩の中心となるディテールがあります。私たちを惹きつけてやまない蝶(及び番外)の魅力をシリーズでデザインのディテールから迫ってみました。 羽のデザインとは離れ …

 モンシロチョウ

生田緑地のモンシロチョウのカップルです。 (Henk) 参考 蝶図鑑 モンシロチョウ   0

 見るからに精悍 ナミエシロチョウ 遠征編(宮古島)

センダングサで吸蜜するナミエシロチョウです。モンキチョウなどに比べるとたくましく精悍でいかにも南国の蝶といった感じがします。島尻マングローブ林で撮影。「島尻のマングローブ林は奥行き約1kmの入江に発達しており、ヤエヤマヒ …

1 2 3 »
0
 ・累計カウント  
 ・本日カウント  
 ・昨日カウント  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

QRCode

9+
PAGETOP
Copyright © ハイム蝶百科図鑑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.