親子で楽しめる「ぼくとわたしのちょうちょの絵本」

新着記事

旅立ちの時 クロコノマチョウ

こんにちは、matsです。しばらく投稿しておりませんでしたが2月に訪れた石垣島で随分と撮り残した蝶がいるので再トライで3日ほど行って帰ってきたところです。この記録を「探蝶漫遊記」の第2弾として何回かに分けて書く予定ですが …

ちょうちょの花も

海にもちょうちょがいるそうですが、花の世界にもちょうちょがいます。 ●左はガウラ、またの名は白蝶草。 風にゆれて蝶が飛んでいるようです。ハイムの花壇・交番裏などに植わっています。今は切戻したばかりですが、夏から11月ごろ …

海にもちょうちょう魚(うお)がいるんだよ・・・X氏のつぶやき70

私は、釣りキチですが、コロナ感染注意で船釣りも自粛しています。ある日、蝶々博士が「私は釣りをしたことがないのよ」と興味を示してくれたが、私の体調も良くなく、用心をしながら遂に「キス釣り」に行くことにした。 蝶々博士はまず …

これがギフチョウ!2

同じギフチョウでもよく見ると多少の違いがあります。次の写真をご覧ください。 (クリックで拡大できます) 写真1左 岐阜県美濃地方の♂/右 新潟県の♂です。 概して、愛知、岐阜、信州飯田あたりは、黒いギフチョウが多く、岐阜 …

これがギフチョウ!

スプリング・エフェメラル 「春の女神」と称され、春が近ずくと新聞、TVに取り上げられ、保護対象の的ともなる蝶介のスターですな!この蝶のみを研究対象にしている人も多く、地域変異、個体変異に富みマニアの多いのも頷けます。 日 …

三人目の蝶博士「nori」さんを紹介します!

Henk & matsの両博士が、1年以上かけて、毎日記事を書き続け、8月末でようやくの完成をみた「ハイム蝶百科図鑑」、この貴重な図鑑を今後も大切に維持していきたいと改めて決意していたところへ、朗報が舞い込みまし …

ルーミスシジミ

高校時代の同級生からこんな写真が送られてきました。博士に是非解説をしていただきたいと思います。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ ルーミスは翅表のコバルトブルーが綺麗で、裏面は標本だとベージュの目 …

ハイム蝶百科図鑑 記事投稿終了のご挨拶

みなさま 新多摩川ハイムは広大な敷地とバラエティーに富んだ豊かな植栽に加え、裏に多摩川、近くには生田緑地という稀有な自然環境に恵まれています。昨年4月末に私たちmatsとHenkの二人がタッグを組んで始めた「ハイム蝶百科 …

三度目の蝶時期 クジャクチョウと・・・ 信州入笠山遠征

夏もそろそろ終わり、それぞれほんのちょっとずつはいいこともあったけれども雨に降られ放しのこれまで二回の信州遠征・・・「二度あることは・・・」などとは考えずまた出かけました。甲府の先の入笠山、今度は相棒のHenk氏と一緒で …

自然は厳しい ジャコウアゲハ飼育

自然とは厳しいものだ。そんな中、チョウたちは健気に生きている。 昨日に続いて今日もジャコウアゲハの話題で恐縮ながら、我が家のベランダで昨年からジャコウアゲハを飼育し始めて、いまさらながら自然の厳しさというものを感じている …

 ・累計カウント  
 ・本日カウント  
 ・昨日カウント  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

QRCode

PAGETOP
Copyright © ハイム蝶百科図鑑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.