多摩川土手を歩いているとモンキチョウが薄紫色のアレチハナガサに飛来していました。あれっ?この花はきらいじゃなかったっけ? 初夏のころ多摩川に黄色、紫、白と色だけでなく種類も量もいろんな花が咲き誇っていた頃はモンキチョウはこの南米原産の帰化植物、アレチハナガサには見向きもせずもっぱら黄色のキバナコスモスを中心に吸蜜していました。ところが現在の多摩川は花の種類がめっきり少なくなり初秋にならないうちは、目立つのはこのアレチハナガサくらいなので、好き嫌いは言ってられない状況にあるようです。一方、アレチハナガサには殆どの蝶が集まっています。下はモンキチョウのオス2,メス1になぜかキタキチョウまで混じって花の周りで大騒ぎ(何が原因なのでしょう?)しているところです。

mats 参考 蝶百科図鑑 モンキチョウ

6+