多摩川河川敷の散歩第4弾のモンキチョウです。この時期では最も数は多いように感じます。とまる花にこちらから注文はつけられませんがなぜかこのキバナコスモスが一番好きらしく、色の感じは余り写真映えしません。5月頃に咲き誇っていた紫のナヨクサフジにはよく吸蜜におとずれていて色の取り合わせが良かったのですが、現在咲いている紫のアレチハナガサには見向きもしないようで花の色につられているのではなさそうです。アレチハナガサはモンシロチョウのご用達のようで、同じシロチョウ科なのに種類によって花の好き嫌いがあるというのも興味深いところです。

mats 参考 蝶図鑑 モンキチョウ

3+