多摩川土手の鬼ごっこ ウラナミシジミ 

多摩川土手、黄色い地味なセンダングサのまわりで繰り広げられる鬼ごっこ・・・ mats

10月末の多摩川土手、黄色いセンダングサが・・・「咲き誇る」とは言いにくいくらい地味な花があちこちで開花していますが、地味ながら他にはあまり花もないのでいろんな蝶が訪花しています。

ウラナミシジミはこの時期になると新鮮な個体、かなり翅の傷んだ個体が入り交じって飛び回っていますが、オスがテリトリーを張る時のようにメス同士が追っかけあいの鬼ごっこをしていました。センダングサで吸蜜しているメスに向かって突入する別のメス、驚いたように飛び立ち逃げるメス、その後はどちらが追いかけてるのかわからないほどもつれた後に離れるとまた吸蜜に戻るという余り意味があるとは思えない行動を繰り返していました。

 ⇒ 参考 蝶百科図鑑 ウラナミシジミ

 ↓ ピント甘め・・・

 ↓ 色が綺麗に出たのに今度は「枝かぶり」だった・・・

 ↓ 吸蜜中はおとなしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)