秋の主役宣言をしていたウラナミシジミ、晩秋となり、多摩川土手でも明らかにその数は減りボロボロの個体が目立ちますが中にはこんなに若々しいのも混じっています。もともと暖地性の蝶なのに、秋以降世代交代しながら北上して北海道南部までたどりつくのに結局、寒さのため越冬ができずに死滅するという奇妙な行動パタンを繰り返しています。現在のところ、房総半島南部や伊豆半島では越冬できるもののそれ以北では越冬できないようです。ただ温暖化を考慮すると越冬可能地域がさらに北上するかも知れません。今年はウラギンシジミがこのあたりでは少なかったので秋の主役の軍配はこのウラナミシジミにあがりました。

mats 参考 蝶百科図鑑 ウラナミシジミ  投稿記事 秋の主役宣言ウラナミシジミ

6+