オオミドリシジミ 閉幕

前回の陣馬山で少しもの足りなかったハヤシミドリシジミを狙って再トライしたのですが・・mats

早々と梅雨は明けてしまい朝の八時半頃に着いた山頂はピーカン※・・・下草にも陽が当たりハヤシミドリシジミを初めとするシジミ蝶類がとまっているような雰囲気はありません。オオミドリシジミが盛んに樹上を飛び回って卍巴も展開してはいますが既に翅はかなり傷んでいるので背景を意識して撮ってみました。今年はこれが見納めか? ハヤシは来年に持ち越しか・・・

※ ピーカン 映画の世界の業界用語のようで「快晴」

⇒ 参考 蝶百科図鑑 オオミドリシジミ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)