蝶のディテール オオミドリシジミ

蝶の羽には全体としての美しさの他に、鱗粉の配列が織りなす模様と色彩の中心となるディテールがあります。私たちを惹きつけてやまない蝶(及び番外)の魅力をシリーズでデザインのディテールから迫ってみました。  mats

オオミドリシジミはゼフィルスと呼ばれる一群のシジミチョウのなかのひとつで少ないながら生田緑地でも見られます。これまでディテールを紹介したアイノミドリシジミとも、また、ミドリシジミとも少し「ミドリ」の系統が違っていて、構造色と呼ばれる色の見えかた特有の見る方向による色の変化はあるものの全体に青っぽいのが特徴です。上から順にオオミドリシジミ(青系)、ミドリシジミ(緑系)、アイノミドリシジミ(金緑系)です。同じミドリシジミ類とはいえ、少しずつ違うのがよくわかりますね。

参考 蝶百科図鑑 オオミドリシジミ

オオミドリシジミ 生田緑地 6月上旬

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)