「オオミドリさんよ、ちょっと高すぎるんだな。」

先日早起きして、matsさんと一緒に行った陣馬山。
チョウもテリトリーを張る都合もあるでしょうが、この日のハヤシミドリシジミは少し遠すぎる、オオミドリシジミは止まる所がちょっとばかり高すぎるということで、なかなか思うような(広げた翅が4枚とも青く見えるような位置での)写真が撮れませんでした。丸坊主だけは何とか免れましたが、以下の写真はその時のオオミドリシジミです。開いた翅は太陽があるはずの方向(この時は薄日すらさしていませんでしたが)に向けているようです。止まっているのを正面の下から見上げると、まるでモスラの雰囲気、とても可愛いシジミチョウとは思えません(すべて拡大できます)。

おまけ:
この日何度か目撃した卍巴飛翔ですが、とにかく普段飛ぶよりもさらに高速でしかも不規則にあちこちとクルクルともつれあいながら飛ぶので焦点を合わせられないばかりか、カメラではなかなか追い切れません。この一枚はどんよりしているが比較的明るい曇り空が背景なので翅の色も微かに青さを感じられる(?)程度であまりよく分かりませんが、偶然にも2頭の影は真ん中に捉えられていました(拡大できます)。

(Henk)

参考 蝶図鑑 オオミドリシジミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)