ハンノキ林の廻り クロコノマチョウ

ミドリシジミを求めて訪れたハンノキの森の周辺で見つけたクロコノマチョウ・・・ mats

ヨシにとまっているクロコノマチョウ(夏型)はジャノメチョウにしてはやや大型でよく目立ちます。余り活動的ではなくこの写真のように食草であるイネ科植物にとまってじっとしていることが多く近所の生田緑地でも以前から少しずつ個体数を増やしているように思います。翅を開くことは殆どないので特徴ある前翅表先端の大きな「蛇ノ目」を見る機会は飛んでいるとき以外では滅多にありません。

⇒ 参考 蝶百科図鑑 クロコノマチョウ

↓ 冴えない飛翔写真ではあるが、一応前翅先端の大きなジャノメ模様は確認できる

↓ 以前に飼育した際の表側(10月中旬中野島 飛翔がたよりないのでバルコニーで放すのは中止して、結局、故郷の緑地まで送って放した)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)