夏の終りのアカトンボ 遠征編(信州入笠山 その3)

入笠山のお花畑(海抜1780m)を訪れるのは蝶だけではありません。ナツアカネもたくさんいて、吸蜜するわけでもないのに橙色のフシグロセンノウ(茎の節部分が黒いのでつけられた名前です)にとまってました。背景にはツリガネニンジン(右手前の薄紫)、少し青が濃いホソバトリカブト(猛毒!)や黄色のオミナエシなどが見えています。アカトンボのとまるところとしての既成概念的なイメージと違うため、なんとなく違和感のうちに撮った写真です。

mats 番外編

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)