ベニモンアゲハに擬態するシロオビアゲハ 遠征編(宮古島)

シロオビアゲハとそのままの名前がついているアゲハチョウです。いわゆる「ひっつきむし」系のセンダングサで吸蜜しています。このシロオビアゲハのメスには写真のようなシロオビ系ともうひとつベニモンアゲハのような丸い紋がでて毒を持つベニモンアゲハに擬態することによって天敵から身を守るというベニモン系の2種類があります。下の写真ではベニモン系のメスを2頭のオスが追っています。mats

 

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)