おなじみのルリタテハ 遠征編(宮古島)

いかに南国とは言え、おなじみの蝶もいます。それだけ分布域が広いということですが写真は池間島で撮影したルリタテハ。生田緑地では食草のホトトギスが多いのでよく見かけますし、時折ハイムでも日向ぼっこをしています。とにかく飛ぶのが速いタテハチョウですがその瑠璃色(るりいろ)の輝きには独特の魅力があります。また、生田緑地やハイムでは花に来ているのは見たことがありませんが、今回はいろいろな蝶がとまっていておなじみになったセンダングサ(ひっつきむし系)にとまっている姿をよく見かけました。一番下の写真は池間島へ渡る橋の手前で撮影した海です。海だけ撮っても絵になるところがここは凄い・・・ mats

参考 蝶百科図鑑 ルリタテハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)