ギフチョウ周辺の蝶・鳥たち (2)

この春2回目のギフチョウ詣での折に現れた魅力的な蝶・鳥の話題です。 mats

下山の途中で見つけたのは木の幹で日光浴をしているルリタテハ。「見つけた」というより白っぽい幹にいやでも目だつこの美しい色合い! とても越冬していたとは信じられないような新鮮さを保っています。麓に下りるとこちらも「ルリ」色のスギタニルリシジミが吸蜜していました。ルリ色は翅の表なので写真ではわかりませんが多摩川土手でよく見かけるルリシジミより少しくすんだ暗い色合いです。最下段は、朝一番山登りの前にふもとで出迎えてくれたミソサザイ。スズメよりずっと小さいのですが、体の割に大きく美しい声で歌い上げるようにさえずります。さい先良し!

⇒ 参考 蝶百科図鑑  ルリタテハ  ルリシジミ(スギタニルリシジミの説明あり)

↓ いやでも目立つこの瑠璃色

↓ スギタニルリシジミ  オオイヌノフグリで吸蜜中

↓ ミソサザイ  尾をぴょこんと立てる独特のポーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)