シーズンの初めの記録がハイム蝶百科図鑑が始まる前でした。蝶と言えば、なんといっても「春の女神」とも呼ばれるギフチョウからから始めたいところでしたので遅ればせながらアップします。相模湖の奥の山まで行くのですが、1回目が天候に恵まれず成果ゼロで、再チャレンジで訪れたときの写真です。冬枯れで緑の少ない中に春を告げるタチツボスミレが花を咲かせ、それに羽化して間もないギフチョウが訪れるというある意味感動的なシーンです。

mats   参考 蝶図鑑 ギフチョウ

 

5+