蝶の羽には全体としての美しさの他に、鱗粉の配列が織りなす模様と色彩の中心となるディテールがあります。私たちを惹きつけててやまない蝶(及び番外)の魅力をシリーズでデザインのディテールから迫ってみました。

目玉の話題です。ミドリシジミを含むゼフィルスと呼ばれる一群のシジミチョウたちの目はどちらかというと黒目がちな印象がありますが、オスは一定の大きな空間を見渡せる梢の葉上にとまって、自らのテリトリーによそ者が入ってこないか見張っているのですから視力は相当いいはずです。よそ者が入ってくるとしつこく追尾して追い出します。オスの羽は同じ構造色でもアイノミドリシジミの金緑色と、オオミドリシジミの青緑色の中間くらいに位置する色調の緑です。

mats 参考 蝶百科図鑑 ミドリシジミ

6+