南国の蝶 アマミウラナミシジミ 遠征編(宮古島)

ハイム蝶百科図鑑の企画が始まる前、今年の3月下旬に3日間沖縄の宮古島を訪れました。

ハイム廻りは蝶の冬枯れの時期でもあるので、何回かに亘って南の蝶(番外含む)を紹介します。沖縄は不思議にそれまで縁が無く初めての訪問で、蝶には何の興味もない中学時代からの友人と単なる飲み会旅行の名目で訪れました。とは言え、南方系の蝶にはいやでも期待が高まります。

まず、出会ったのは、アマミウラナミシジミ。 多摩川土手で秋に活躍していたウラナミシジミとよく似ていますが気のせいか南国の香りが漂っていて、初めて出会う蝶にあいも変わらず心がときめきます。因みに宮古島は蝶が多いので有名な島ではありませんが、珊瑚礁からできているアルカリ性土壌であるため、それを嫌うハブがいないというのは安心です。 mats

島尻マングローブ林

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)