探蝶漫遊記 ⑥格段の美しさ ヤエヤマカラスアゲハ (石垣島遠征2)

今年の2月に訪れた石垣島、余り蝶が活動しない時期であることに加えて天候も良くなかったため撮り残した蝶が少なからずありました。そこで思い立って10月中旬に再訪したので何回かに亘って紹介します。尚、前回の石垣島遠征記は3月2日~4月6日(20回)に投稿しています。 mats

沖縄県の最高峰於茂登岳(おもとだけ 526m)ふもとの名蔵ダム。赤いサンダンカにはツマベニチョウを始めいろいろな蝶が訪花するがヤエヤマカラスアゲハもツマベニと並ぶその中の重鎮。生田緑地を含む関東、昔暮らした京都周辺でもカラスアゲハのイメージは深い青がちな青緑であるのに対し、別亜種とされているこのヤエヤマカラスアゲハは全体的に緑が濃く、後翅の際立った青との対照が印象的。前回2月に訪れたときにもその美しさには魅せられたが、再会してさらにファンになった。

カラスアゲハ(生田緑地 下 オス)とヤエヤマカラスアゲハの色の違いは一目瞭然。

生田緑地のカラスアゲハ(オス) ↑      石垣島のヤエヤマカラスアゲハ(オス) ↓

ヤエヤマカラスアゲハ(オス) ↓ 2月 同じ場所で撮影

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)