新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 mats & Henk

二人とも張り切って投稿していこうと思ってはいるのですが、いかんせん肝腎の蝶の方が「冬休み」をとっています。私たちの地域では冬の間は成虫の蝶、幼虫は暖かい日にまれに日向ぼっこ程度に活動することはあっても目にする機会はほとんどありません。さらに、卵・蛹で越冬する場合は周辺の植物に溶け込んだまま、まったく動かずに厳しい期間を乗り越えるのでますます見つけるのは困難です。トップはツバキにとまって越冬しているウラギンシジミ、12月下旬の生田緑地です。吸蜜しているわけではなく微動だにしません。

↓ 陽がさしたので越冬中の葉陰から這い出して暖をとるムラサキツバメ(12月下旬 多摩川土手)

・・・ということで、私たちもちょっとハネを伸ばさせて頂くことにして、寒い期間の蝶の活動や、その他の番外の昆虫や鳥たちに出会うことがあればというベースで毎日とはいかないとは思いますが投稿してまいりますので引き続きよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)