遅ればせながら 多摩川のベニシジミ、キタテハ

この時期には一斉に新春羽化グループと冬眠明けグループが争うように出現します。 mats

このベニシジミも下のキタテハも既に相棒が先にアップしているので二番煎じですが本人的には今年初めての撮影なので感激には何ら変わることがありません。春一番のベニシジミは食草のギシギシの葉上で開翅していますがこの時期と、晩秋に力尽きる直前に橙がひときわ強く輝きます。下はこの10日ほどで冬眠から目を覚まして随分数を増やしているキタテハ。紫のカキドオシの花で吸蜜しています。

⇒ 参考 蝶百科図鑑 ベニシジミ キタテハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)