二ヶ領用水散歩 ジョウビタキほか 番外

寒いですね、特に朝晩は冷え込みます。でも天気はいいのでカメラをぶら下げ近所の二ヶ領用水を散歩しました。mats

用水沿いのトキワサンザシにジョウビタキのメスが来ていました。オスはもっと赤みが濃く目立ち、出がけにハイム内で見かけたのですが撮影はできませんでした。「赤い鳥 小鳥 なぜなぜ赤い 赤い実をたべた~」(北原白秋作詞)を地で行っています。次はハイムでもよく見かけるギャ-ギャーとうるさいヒヨドリ。ネズミモチの木に群れで飛来して実をついばんでいました。こちらは、・・・ 歌になりません・・・

水面に出た岩にヒヨドリが次々と飛来して水を飲んでいましたが、ひとつツグミ(一番右)が混じっています。秋にシベリアから渡ってくる代表的な冬鳥。冬季を過ごす日本ではさえずらないことから「口をつぐんでいる」⇒「ツグミ」と名付けられたと言われています。今日は、時折見かけるカワセミには出会えませんでした。

Follow me!

+5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)