日向ぼっこの蝶たち ハイム

秋が深まり朝は肌寒い日もでてきましたが、陽が差して気温が上がってくると縮こまっていた蝶たちも活動し始めます。ハイムの南武線側の遊歩道、アラカシの葉上で日向ぼっこしているのはムラサキシジミ(幼虫の食樹はとまっているアラカシの若葉)とヤマトシジミ(幼虫の食草はアラカシの足元の芝生に小さな黄色い花を咲かせるカタバミの葉)。いずれもハイムで発生しているおなじみの蝶たちです。 mats

参考 蝶百科図鑑 ムラサキシジミ ヤマトシジミ

↑ ムラサキシジミ(メス)     ↓ ヤマトシジミ(オス)

 

Follow me!

+5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)