探蝶漫遊記 ⑬可憐なシジミ ルリウラナミ+オジロ (石垣島遠征2)

今年の2月に訪れた石垣島、余り蝶が活動しない時期であることに加えて天候も良くなかったため撮り残した蝶が少なからずありました。そこで思い立って10月中旬に再訪したので何回かに亘って紹介します。尚、前回の石垣島遠征記は3月2日~4月6日(20回)に投稿しています。 mats

名蔵ダムの展望台。葉上に羽化して間もないとみられるルリウラナミシジミを見つけた。八重山諸島に生息しなかなかとまらずに林縁部を高速で飛ぶため飛翔写真もままならないが、青いキラキラ感は魅力的。まだ羽がしっとりしていたため指を差し出すと簡単に乗ってきた。後ろから指でつついて羽を開かせて撮影してやろうと思いちょっとつついた途端に青く強い金属光沢を見せるとヨタヨタッと一飛びして2~3m先の下草の中に落ちてしまった。諦めて別の個体で再度トライしたのがその下の写真。少しすれてはいるが青い金属感が確認できた。

↓ 近くにいたオジロシジミ。クロマダラソテツシジミに似ているが尾錠突起は短めで模様も微妙に違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)