チラリ? ミドリとウラギン

蝶の羽、表と裏は随分違います。小学校で習った蝶と蛾の違い:蝶は羽を閉じてとまる・・ウソとまでは言いませんが例外だらけでそもそも蝶と蛾を区別することも余り科学的な意味はないようです。 mats

5月末、荒川沿いの森林公園でみつけたミドリシジミ。羽を閉じてはいますがチラリと表が見えています。裏とは大違いの緑色、開くとその美しさに目を見張ります。開くのは朝方に体温を上げる、縄張りを守る占有行動で見晴らしの良いところにとまって睨(にら)みをきかす、おそらく他にもメスを獲得しようとする際の示威行動でも開くのでしょう。3・4枚目はウラギンシジミ(オス)、これも裏の単調な銀白色と表の濃い橙色は余りに対照的です。

参考 蝶百科図鑑  ミドリシジミ  ウラギンンシジミ

  ↓ ミドリシジミ(オス) 生田緑地 5月末

  ↓ ウラギンシジミ(オス) 生田緑地 5月末

  ↓ ウラギンシジミ(オス) 生田緑地 5月末

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)