ホタルに似ているからつけられた名前らしく確かに頭は赤くてあとは黒っぽい・・・「ホタルガ」という蛾で、夜行性ではなく昼間に花を訪れますがいたって弱々しい飛び方です。幼虫はサカキ、ヒサカキといった葉を食し、分泌液には毒があります(成虫の蛾に毒はありません)。それにしても赤い頭に白帯付き黒マント、それに加えて触覚、脚、羽の縁に沿ってあやしげに光る青いラメ・・・ひと月前に生田緑地をおおいつくした紙吹雪のようなキアシドクガを「悪魔的」と称しましたが、こちらも負けず劣らず悪魔的。ハイム、生田緑地ほかどこでも見られます。写真は津久井湖城山公園で撮影したものです。

mats

3+