多摩川のアオスジアゲハ 

10月も終りが近づいた多摩川土手、地味ながらセンダングサが咲き誇っています。 mats

このところ余り見かけなかったアオスジアゲハがセンダングサに飛来していました。このキク科の地味な花は、その後「ヒッツキムシ」だ「クッツキムシ」と呼ばれる衣類にくっついて取るのにやたら時間がかかる迷惑な種になります。ところがこの季節、ほかに花が少ないこともあるのでしょうが蝶たちには人気があり、この土手で短時間見ただけで、7~8種の蝶が飛来していました。その中でも、躍動感あふれる新鮮なアオスジアゲハの一条の青は秋が深まるにつれて薄まってきた緑の中でひときわ目立ちます。

⇒ 参考 ハイム蝶百科図鑑 アオスジアゲハ

 ↓ 魅力的なこの躍動感・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)