名前がおかしい ツマキチョウ

先日、ハイム内の花を訪れていたツマキチョウを紹介しました。羽の先(ツマ)が黄色いからつけられた名前ですが・・・ mats

東高根森林公園で撮影したショカッサイを訪れるツマキチョウ(4月上旬)。ちっとも黄色くないのに! 実はこれはメスで、この「ツマキチョウ」というのはツマが黄色いオスのことだけを考えてつけられた名前なのです。怒れ、メスたち! 下はハイム内で撮影したオスで、ツマが黄色いのがわかります。一方、羽の裏はオスもメスも唐草模様のような奇妙なデザインです。  参考 蝶百科図鑑 ツマキチョウ

今年の春分の日にハイムで見かけたハナニラに飛来するオス。

ムラサキケマンで吸蜜するツマキチョウのメス 裏の奇妙な模様が見える。多摩川土手登戸 4月中旬

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)