多摩川散歩 ツマキチョウ、そして!

多摩川土手の散歩です。なぜか今年縁がなかったツマキチョウを見つけて喜んだのですが・・・ mats

↑ 先の黄色いのがオス    ↓ メス

何度か土手を歩いているのに出会わなかったツマキチョウをやっと見つけました。先の黄色いのがオス。モンンシロチョウやモンキチョウに比べるとなんともたよりない飛び方をします。見ておくべきものが見られたのでなんとなくほっとして河川敷に下りて草むらを歩いていると、黒っぽいセセリが足元から飛び、「あーっ、ギンイチだ!」。ギンイチモンジセセリの新鮮な個体! ただ、残念なことに弱々しい飛び方ながらとまらずススキのやぶに消えました。ガックリ・・・そしてしばらくして、また、別の個体が現れたのですがこちらも飛び続け視界の外に。なかなかとまってくれないのです、こいつは。2019年の台風19号はこの付近の多摩川が溢れる一歩手前まで水かさが増して河川敷と土手の様相を一変させました。ギンイチも絶滅が心配されたのですが、翌年、翼々年と辛うじて姿を見せ私は1頭ずつですが撮影もしています。そして、今日は短時間に2頭続けて姿を見せたというのは僅かながらも復活の兆しなのかもしれません。なんとか私か相棒か撮影できれば良いのですが・・・下は、おなじみのツバメシジミのオス・メスでなんともフォトジェニック。

⇒ 参考 蝶百科図鑑    ツマキチョウ  ツバメシジミ  ギンイチモンジセセリ

↓ ギンイチモンジセセリ 多摩川 中野島(2020年4月25日)                            

ツバメシジミ ↑ オス   ↓ メス

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)