束の間の小やみ シジミチョウ出現 遠征編(信州南佐久⑤)

梅雨明けがのびそうだったので安全を見て7月26日から三泊四日で出かけた信州なのですが、26は土砂降り、27・28は終日雨・・・どうなっているのか、今年の梅雨は?? mats

三日目の28日の朝、束の間雨が止むと今回の主目的のミドリシジミ類がわずかながらも姿を現わしました。朝10時頃、青緑系の金属光沢があるエゾミドリシジミが出現。裏は下の写真のように至って地味です。そのほか、生田緑地でもおなじみのアカシジミ、ウラゴマダラシジミなども下草に姿を見せたので期待が高まったのですが、残念ながらまたもや雨、それとともにシジミチョウは姿を消しジャノメチョウが飛ぶ世界に戻ってしまいました・・・その後ずっと降り続く雨・・・

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)