丸坊主のサンショウの上で

もう食べるべき葉っぱが全くありません。丸坊主のサンショウのうえに、何匹かのアゲハの幼虫(緑のものと、茶色の鳥の糞のようなまだ小さいものが何匹かずつ)がいます。これぞまさに「腹ペコ青虫」です。茶色の小さいものは保護色となりますが、緑の幼虫は緑の葉があればこその保護色で、これではかえって鳥に目立つだけです。葉のある別のサンショウに移して助けてやるべきか、それともこのまま自然に任せるべきか?

(Henk)

参考 蝶図鑑 アゲハ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

前の記事

 カマキリの狩