蝶の羽には全体としての美しさの他に、鱗粉の配列が織りなす模様と色彩の中心となるディテールがあります。私たちを惹きつけててやまない蝶(及び番外)の魅力をシリーズでデザインのディテールから迫ってみました。

ミヤマカラスアゲハの春型のオスです。黒を背景色として青、緑、赤と派手な色の組み合わせですがそれでいて全体的には控えめで青と緑の織りなすグラデーションはシックそのもので、日本の蝶では人気番付のトップクラスです。鱗粉が密集したところでは、魚のうろこ、あるいは屋根瓦のように鱗粉の一片一片の根元がひっかかるように重なり合っているのがわかります。

mats 参考 蝶百科図鑑 ミヤマカラスアゲハ  投稿記事 高尾山のミヤマカラスアゲハ

9+