今日で11月も終わりです。
4月末からこのサイトを始め7カ月余り、ハイム近辺のチョウを中心にいろいろご紹介させて頂きましたが、昨日matsさんも言われたように、このところ蝶々もすっかり姿を見せなくなりました。秋から冬にかけては気温が下がるとチョウたちが活動できなくなると同時に、エサになる植物も殆ど花はなく葉も落としてしまっています。したがって、その寒い間はチョウたちはそれぞれのやり方で越冬することになります。あるものは成虫で、あるものは蛹・幼虫で。はたまた卵のままで。雪が降ろうが北風が吹こうが、気温が上がる春先までジッと耐えることになります。

その間、このサイトも休止?
いえいえ、決してそんなことはありません。ただ、正直なところこれまでの「毎日」というペースは落とさざるを得なくなりますが、「毎週いくつか」の記事は掲載し続ける予定です。既に一部始まっている「偶然の出会い」「ディテール」のシリーズもそのうちの一つです。また夏場にご紹介しきれなかったショット、さらにはチョウ以外の少し遠慮していた「番外編」なども少し多めに交えてご紹介しようと思っているところです。引き続きよろしくお願いします。
もし、運よくチョウたちの越冬の姿をリアルタイムで撮影できれば(これはなかなか難しいのですが)その都度ご紹介しましょう。

(Henk)

6+