蝶の羽には全体としての美しさの他に、鱗粉の配列が織りなす模様と色彩の中心となるディテールがあります。私たちを惹きつけててやまない蝶(及び番外)の魅力をシリーズでデザインのディテールから迫ってみました。

羽のデザインといっても、意匠的というよりは構造的なものかも知れません。アイノミドリシジミはゼフィルスと呼ばれる一群のシジミチョウの中でも金緑色の輝きが強いのが特徴ですが、見る方向により緑が黄色っぽくなったり、青っぽくなったり変化します。構造色と呼ばれるもので鱗粉そのものの色ではなく当たった光の回折現象によって発色するのが特徴です。

鱗粉が粉でないこと、また、鱗(うろこ)のように重なり合っているのが分ります。

mats 参考 蝶百科図鑑 アイノミドリシジミ   投稿記事 金緑色の輝きアイノミドリシジミ

6+