ダイミョウセセリは翅を開いて止まることが多いように思うのですが、このハイムのダイミョウセセリ、翅をすぼめてとまっていました。翅裏が見えるのはかえって珍しい。2号棟サルスベリの葉の上で。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ダイミョウセセリ

7+