実生のエノキの葉の上にチョコンと無防備に角のある青虫が乗っています。おそらくアカボシゴマダラの幼虫だと思われます。エノキを食草とするチョウの中には国蝶のオオムラサキやゴマダラチョウなどがいますが、生田緑地でよく見かけるのはやはりアカボシゴマダラです。この幼虫はまだ小さく、エノキの葉がすべて枯れる(エノキは落葉樹です)頃には、もう少しだけ大きくなって幼虫の姿で地面に積もった落葉の間に潜り込んで冬を越します。

ハイムにもいました。ツツジの植え込みの中に雑木としてところどころ生えている実生のエノキ。その葉っぱに食べられた跡があったのでよく見ると、やはりいました、いました。チョコンと葉の上に。多くの青虫たちは通常は葉裏に隠れているものなのですが、この幼虫は食事中以外は葉の表にいてジッとしています。下の写真です。

(Henk)

参考 蝶図鑑 アカボシゴマダラ

7+