これはチョウではありません、蛾の一種で、オオスカシバといいます。先日のホシホウジャクと同じ仲間です。例年ならば、ちょうどクチナシが咲く頃にクチナシの害虫(大きな青虫)として現れます。成虫は黄緑色の胴に赤い帯があり、ホバリングしながらハチドリのように花の蜜を吸います。見つけてカメラを構えている間に、あっという間にどこかに飛んで行ってしまいます。ともかく動きが速い。私のカメラでは、翅が静止しているところはなかなか撮れません。もともとは翅には鱗粉はあったのですが、飛んでいる間にほとんど剥がれ落ちて、トンボの翅のように透明になってしまいます。多摩川にて。

(Henk)

3+