先日、初めてウラゴマダラシジミの蛹らしいものを見つけ、意気揚々持ち帰って羽化させるのを楽しみにしていました。しかし、いくら待っても蝶にはならず、何と蛹から出て来たのは、小さな黒いハチでした。後ろ足の一部がぷっくり太くなっているアシブトコバチ(脚太小蜂)という種類のハチでした。蛹の時に既にこのハチに寄生されていたようです。
蛹とは関係なくこのハチだけを見ていると、クリクリ目玉で触覚をピンと立てて、ちょこまかと動き回り、小さくて何だか愛嬌があるんですが・・・。でも、やはり、この蝶々の羽化が見てみたかった。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ウラゴマダラシジミ

7+