イシノミとコウガイビル

イシノミとコウガイビル、なんという奇妙な出会いでしょう!シャッターを切った私自身この組み合わせに驚いています。二度と撮れない写真でしょうね。
コウガイビルは偶然写っただけで、滅多にお目にかかれない珍しいイシノミを見つけて追いかけていたのです。イシノミは原始的な昆虫で、紙を食べる虫、シミ(紙魚)とよく似ています。すばしっこく跳ねながら動くのであまりピントが合っていません。どれがイシノミか、お分かりですしょうか?保護色というか土に似た色をしています(写真をクリックすると拡大できます)。写真中央、コウガイビルがいる黒っぽい石の反対側にいる長い触角をもった薄茶色の虫です。それよりも偶然写ったコウガイビルの方が鮮明に撮れています。高尾山で。

(Henk)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)