吸蜜するヒメギフチョウ

カタクリとヒメギフチョウが一般的な取り合わせですが、スミレの頭を突っ込んで吸蜜するヒメギフチョウです!

 枯れ草の上で日光浴するヒメギフチョウ
 枯れ草に止まると、黄色と黒のだんだら模様が保護色になってなかなか見つけられません!まるで、忍者の隠遁の術を使っているみたいです。

 ウスバサイシンに産み付けられた、ヒメギフチョウの卵
(産み付けられた直後はグリーン仁丹⇒ホワイトパール色になり⇒孵化が近ずくと黒色になります)

(Nori)

Follow me!

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)