モンキチョウの産卵

これはモンキチョウの産み付けられたばかりの卵です。

今日、多摩川でモンキチョウが産卵しているのを目撃しました。
昨日に土手の草刈りがあり、刈り取られたばかりの草がまだ散らばっているところで1頭のモンキチョウが産卵場所を探しているようでした。しかし、そのチョウが止まって産卵したのは、なんと刈り取られたばかりのアカツメクサでした。まだ瑞々しさは残ってはいますが、これでは卵が孵化する前にすぐ枯れてしまい、幼虫は育たちません。そこで、一個卵を採って帰り育てることにしました。アカツメクサは他の場所にもたくさんあるのでエサに事欠くことはないでしょう。

産卵場所を探している。

小さい白い卵がアカツメクサの蕾の部分に産み付けられる、まさにその瞬間です。拡大できます。

今度は葉にも。

それがこの卵です(冒頭の写真はこれを拡大したもの)。形は紡錘形でモンシロチョウなどの卵とよく似ています。

(Henk)

参考 蝶図鑑 モンキチョウ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)