一番早いシジミチョウ ルリシジミ

今日、多摩川でこんな出会いがありました。土手沿いの陽だまりで青い光がチラリと見えたのは今年初めてのルリシジミ(オス)でした。近くのササの葉に止まったのでそっとカメラを構えると、あろうことかすぐにそのカメラに飛び移ってきたのです。カメラに止まられてしまえば写すことはできません。そこで、下手に動いて逃げられないように慎重に、不自由な左手で右のズボンのポケットからスマホを取り出しおぼつかない片手操作。それで何とか撮れたのがこの写真です。
ルリシジミは白いもの光るものに反応して止まると言われますが、まさにカメラに反応したのでしょうか。その後、カメラを持つ手に乗り移りしきりに舐めているようでした。そして、しばらくして再びササの葉に。そこでもまた口吻を伸ばししきりに何か舐めていました。よほど空腹だったのか。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ルリシジミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)