今日は大晦日。今年もあと何時間かで終わります。
皆様には4月末からこのチョウ蝶図鑑をご愛読いただき、誠に有難うございます。
また来年も引き続きよろしくご愛顧の程お願い申し上げます。

さて、今年最後の一件。
冬は、特にチョウのような小さい昆虫にとっては、大変厳しい季節です。しかし、皆それぞれの方法で、すなわち卵のままであったり、幼虫・蛹、はたまた成虫のままで冬を越すことになります。成虫の場合には、天気が良くて暖かい日などにはて時々日向ぼっこをするために人目に付くところに出てくるものもあるようですが、通常はあまり風の当たらない場所に集団で集まったりして春までジッと過ごすことが多いようです。この写真は、たった2頭のみですが、体を寄せ合い触覚をすぼめて葉陰でじっとしているムラサキシジミです。ハイム2号棟アラカシの生垣で。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ムラサキシジミ

0