これは一体何?

鱗粉が剥がれ落ちて透明な翅になったオオスカシバで思い出しましたが、多摩川にはこんな虫もいます。
この写真は先日撮っていたものですが、面白い番外編として一つご紹介しましょう。
名前をスケバハゴロモといい漢字で書くと「透け羽羽衣」、ウンカやヨコバイの仲間です。そうです、セミなども同じ仲間になります。翅が透き通っていて(もともと蝶のような鱗粉はありません)少しずんぐりしていますが、セミのようにも見えますね。

(Henk)

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)