これがアブラゼミの羽化です。日が暮れてから地上に這い出して、羽化する場所を探します。鋭い爪で体を安定させ、殻を割ります。まず逆さになって殻から下にぶら下り、今度は体を曲げ殻につかまり頭を上にしてしっかりと翅を伸ばします。この間、おそらく1時間以上はかかっているでしょう。しかし、体も翅も白く柔らかく、昼間見ているようなアブラゼミになるにはさらに3-4時間はかかります。すべて薄暗がりの中で行われます。

(Henk)

3+