親子で楽しめる「ぼくとわたしのちょうちょの絵本」

シジミチョウ科

  • HOME »
  • シジミチョウ科
シジミチョウのなかまは、小形で触角の節の間と複眼のまわりが白くふちどられるものがほとんどです。色彩やもようははいろいろで、表と裏、♂(おす)と♀(メス)でもちがうのがふつうです。花のみつなどを吸います。世界に約5500種います。
平たいまんじゅう型でからが厚く、表面にきれいなもようのでこぼこがあります。
幼虫 平たくてわらじのような形をしているものが多く、頭部は小さくて上からは胸部にかくれて見えません。きまった葉のほか、花やつぼみを食べるもの、肉食のものもいます。4令でさなぎになるものがたくさんいます。
さなぎ だるま型で、糸の帯はめだちません。ほかのものにぴったりついた帯蛹です。
冬ごし 卵、幼虫、さなぎ、成虫などと種類によってきまったすがたです。
食草 マメ科、カバノキ科、カタバミ科など種類によってさまざまです。
0

お気軽にお問い合わせください

日本のチョウ

0

最近の投稿

カウンター

 ・累計カウント  
 ・本日カウント  
 ・昨日カウント  

著作権表示

QR Code

PAGETOP
Copyright © ハイム蝶百科図鑑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.