うっかり、これはホシミスジだった。

先月、「シナノキの訪問客」として記事を書きましたが、一つ誤りがありました。この写真は、その時コミスジとしてご紹介したものですが、実はこれは「ホシミスジ」という別の種類でした。ここに謹んで訂正いたします。同時に、上記記事も訂正しました。

先日のmatsさんの記事「まぎらわしい ミスジチョウたち」に触発され、改めて私の記事を見直し、この誤りに気づいた次第です。撮影時には、それまで私自身出会ったことがなかったホシミスジとは思いもよらず、「なんだ、またいつもよく見るコミスジか。」と頭から思い込んでいました。実際は初めて出会っていたホシミスジなのに全く気づかず撮っていたのでした。思い込みとは怖いものです(笑)。

上記matsさんの記事にもある通り、翅の裏をみればホシミスジには星があるのではっきりわかりますが、翅の表だけを別々に見るとなかなか判別しにくいのも事実です。ただ、二つ同時に並べて見比べればホシミスジの方が前翅の表の白い筋(ミスジチョウの仲間は翅を大きく広げると3本の白い筋のように見えるが、その一番上の筋)がコミスジよりも細かく切れぎれになっているので、何とか区別はつけられます。

因みに、コミスジはこんな感じです。

(Henk)

参考 蝶図鑑 コミスジ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)