クロコノマチョウの幼虫

アカハネナガウンカに先に出会った後で、あたりの虫食いになったジュズダマの葉をいちいち裏返して探し、クロコノマチョウの幼虫を見つけることができた。ジュズダマの葉裏にはりついているのだ。この幼虫も愛嬌があることでは引けを取らない。異常に細長い体の先端に二つの角を持った黒い頭部が特徴だ。この写真は2匹がお互い向き合ってジッとしていた。ひ弱に見える幼虫だが繊維の固そうな葉を葉軸だけ器用に残しバリバリと食べるのだ。右上に見えるまだ断面が真新しいところはつい朝方まで彼らの食べていた痕だ。9月末近くには羽化するだろう。

(Henk)

参考 蝶図鑑 クロコノマチョウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)