今年もいた

今年もいた、ひょうきんな細長い奴。生田緑地のジュズダマは昨年は大きく刈り取られたが、今年はたくさん生えたままにしてくれていた。係の方々の気遣いからか?そのジュズダマの葉裏に、クロコノマチョウが何匹も育っていた。これから10月いっぱいどんどん羽化していく。戸外で羽化したてのチョウが見られるチャンスはおそらくそれが最後となるだろう。
ほとんどのチョウは、10月には越冬態勢が決まってしまっていて、卵のままか、幼虫か、それとも成虫の姿で冬を越すのか。クロコノマチョウは10月いっぱいですべて羽化し、成虫の姿で冬を越す。
クロコノマチョウは普段は滅多に翅を開かないが、羽化直後だけは翅の表をじっくり観察できる。翅を閉じていれば落ち葉と見間違うくらいの地味さなのに、翅を開くとこんな目玉のような、見るものをびっくりさせるような模様があるのです。下の写真は、昨年生田緑地で羽化直後の個体を手乗りさせたもの。

(Henk)

参考 蝶図鑑 クロコノマチョウ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)