コムラサキの産卵?

これまでに何度かはそれらしいものは目撃したことはありますが、ハイムの近くの多摩川河川敷でコムラサキをはっきりと撮影したことはありませんでした。河川敷にはたくさんの柳の木もあり、この場所で棲息しているらしいことは分かっていても、特に夏場には河川敷に草がはびこって容易に中のほうまで入っていけません。この日は、水量が少なくなった浅瀬をわたり別ルートから柳の木がある中洲へ行ったところ、全くの偶然でコムラサキに出会えました。

最初はキタテハかとも思いましたが、柳の木の梢でモソモソしているところからすると、コムラサキ?そうコムラサキのメスがどうも産卵しているようなのですが、少し高い位置なので卵を産んだかどうかまでは確認できませんでした。

その翌日も天気が良く、もう一度行ってみました。すると何頭かが柳の木の上をかなりのスピードで飛び回っています。なかなかいい写真にはならないものの、2頭が激しく空中戦をやっているのも観察できました。やはり確実にコムラサキはこの場所で棲息していることが確認できました。

(Henk)

参考 蝶図鑑 オオムラサキ(コムラサキだけのページはまだありません)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)